山梨の10ワイナリーが集まる「山梨ワインフェスタ2015」開催!

国際ソムリエ協会会長の田崎真也氏によるワークショップも開催... 2015.2.27

 2015年3月21日(土)、3月22日(日)、山梨県を代表する10ワイナリーが集まる「山梨ワインフェスタ2015」が開催。

 山梨県は、明治時代から続くワイナリーや平成になってから新設された醸造所など、約80のワイナリーが集まる日本を代表するワイン産地だ。2013年7月には、日本のワイン産地として初めて国税庁長官から地理的表示「山梨」の告示を受け、フランスにおけるボルドーやシャンパーニュのように、公的に産地名称が保護されるブランド産地となった。

 地理的表示「山梨」は、品質が保証されており、造り手の顔が見えるワイン。生産基準は、山梨県産ブドウを100パーセント使用する、山梨県内で醸造・瓶詰めを行う、アルコール度数、アルコール添加禁止、山梨県ワイン酒造組合が定めた「地理的表示における官能検査制度」に合格しなければならない、など厳しい規定を設けている。認定されると国際的にも保護され、他の国や地域で作られたワインは「山梨」や「山梨風」という表示はできないのだ。
※地理的表示「山梨」に関して、詳しくは『ワイン王国』83号の特集をご覧ください。
http://www.wine.or.jp/archives/2014/winekingdom_gi.pdf

 当日は、この厳しい基準をクリアしたワインの中から、各ワイナリーが厳選した約40種類のワインを自由にテイスティングできる。さらに、国際ソムリエ協会会長の田崎真也氏などのスペシャルゲストによる無料のワークショップも開催。目で、耳で、舌で……全身で山梨ワインを堪能できるまたとない機会となっている。

 参加ワイナリーは、「勝沼醸造」「敷島醸造 MOUNT WINE」「スズラン酒造工業」「中央葡萄酒 GRACE WINE」「丸藤葡萄酒工業 RUBAIYAT WINERY」「マンズワイン勝沼ワイナリー」「メルシャン シャトー・メルシャン」「盛田甲州ワイナリー」「シャンモリワイン」「大和葡萄酒 HUGGY WINE」「ルミエール」の10社。

■「山梨ワインフェスタ 2015」概要
開催日:2015年3月21日(土)、2015年3月22日(日)
第1部:10時~12時30分/第2部:13時~15時30分/第3部:16時~18時30分
前売券:3600円/当日券:4600円
購入:http://www.ywf.jp/ e+(イープラス)にて前売り販売
会場:BA-TSU ART GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-11-5
http://www.ba-tsuartgallery.com/


■ワークショップ(無料)
2015年3月21日(土)1部 10時30分~11時30分
オープニングプレミアムトークショー
「地理的表示『山梨』について」
講師:国際ソムリエ協会会長 田崎 真也氏 × 齊藤 浩氏(山梨県ワイン酒造組合会長)
2015年3月21日(土)2部 13時30分~14時30分
テーマ:「山梨ワインと和食」
講師:国際ソムリエ協会会長 田崎 真也氏

2015年3月22日(日)2部 13時30分~14時15分
テーマ:「地理的表示の意義と可能性 ~なぜワイン産地を保護する制度が必要なのか~」
講師:明治学院大学教授 蛯原 健介氏

ワイン王国編集部
この記事を書いたのは
ワイン王国編集部
です。
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • LINE

関連