イタリア・トスカーナ州にワインショップオープン!

鈴木暢彦(のぶひこ)氏が、シエナの中心街にEMPORIO MEDITERRANEO(エンポリオ・メディテッラーネオ)を開店... 2015.4.10

トスカーナ州シエナ、カンポ広場の近くに、日本人とイタリア人の2人が共同経営するワインショップ「EMPORIO MEDITERRANEO(エンポリオ・メディテッラーネオ)」が、3月にオープンした。
日本人オーナーは、イタリア唯一の国立のワイン総合文化施設『ENOTECA ITALIANA SIENA(エノテカ・イタリアーナ・シエナ)』勤務などを経て、現在はワイナリーツアー、インポーターやレストラン関係者への日本未輸入ワインの紹介なども行っている、鈴木暢彦氏。イタリア人のパスクアーレ・アンブラ氏と「地中海のワインを楽しみ、文化が芽生える場所を作りたい」とこの店を立ち上げた。
ワインをセレクトする鈴木氏は「トスカーナの多くのワインショップで見かける“定番アイテム”ではないものを提案しています。例えば土着品種の個性が際立っているもの、ユニークなラベルのものなど。そしてコストパフォーマンスの高いワインであることにもこだわっています」と言う。現在は50アイテムほどをそろえるが、近いうちに150~200アイテムほどに増やす予定だ。
世界各国から訪れる観光客には、トスカーナらしさが詰まった地元のワインを勧め、地元のワイン愛好家には、飲みなれているトスカーナ以外のワインを提案する。
「ほかの店には置いていないようなワインもたくさんあります。私たちが実際に訪問して入荷を決めたものもあり、なぜ私たちがこのワインを選んだのか、どんな生産者なのかを、お客さまにしっかり説明しています」という鈴木氏。会話を弾ませることで新しい交流が生まれ、ワインへの理解がさらに深まることを期待する。
特別なワインをという人には、オーダーボトルのサービスがうれしい。下の写真は一例で、モンテプルチアーノのアーティストが手掛けた、シエナの波の地区(オンダのコントラーダ)の紋章がデザインされている。
商品棚エリアの隣にはテイスティングルームを設置した。着席式の貸し切り個室で、地元の人たちが集うワインテイスティング会などを開催している。今後はホテルや観光局と連携し、観光客のグループテイスティングなどを提案していくという。
大型連休や夏休みなど、トスカーナへの旅を計画しているなら、アクセス便利なEMPORIO MEDITERRANEO(エンポリオ・メディテッラーネオ)へ! 旅で楽しむワインやお土産ワインが楽しくセレクトできそうだ。

<店舗データ>
住所:Via Casato di Sotto 11, 53100 SIENA, ITALIA
電話(オフィス):+39 0577 111141
日本人直通携帯 +39 392 538 6508(鈴木)
営業:12時〜20時
定休日:日曜
※問い合わせは、メール nobuhiko@emporiomed.it、ブログ http://enoteca-italiana.ldblog.jpでも受け付け。
※お店、セミナーともにイタリア語、日本語、英語、ポルトガル語に対応。

この記事を書いたのは

です。
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • LINE