「ワインエキスパートへの道」vol.8

後半のカリキュラムは、イタリアからスタート... 2015.6. 5

イタリアを制する者は、試験を制す?

さて授業もいよいよ後半戦に突入。前半のヤマ場がフランスなら「後半は何といっても今日と来週のイタリア。イタリアに尽きます」と寺田センセイ。

「酒類概論とフランスとイタリアで7割ぐらい出題されます。皆さん前の二つを完璧にしておいて、さらにイタリアをしっかりやっておけば、まず合格圏といわれる70パーセントが取れちゃうんですよ。そう考えると気が楽になったでしょう」と微笑む。

(いいや。その笑顔には騙されんぞ)と心の中でつぶやく。そしてつぶやいたのは私だけでなく、この教室にいたほぼ全員のはずだ。絶対に間違いない(-_-) 

(これまでを完璧だと?覚えたはなから忘れていっているというのに)とさらに毒づくが、センセイには一応笑顔を向けておこう。オトナだからね。

不穏な空気を察知されたのか、「イタリアは20州とその州都にDOCGを73個だけ覚えちゃえすれば、ほぼ大丈夫なんですよ~~フッフフン♪」と軽い感じで話され、一瞬「なるほど~」と思ってしまうが、いけないいけない。冷静に考えると、20+20+73で113も覚えなきゃいけないのだ。

ボルドー メドック格付け61でさえ、まだしっかり記憶していないというのに。しかもDOCGというのがこれまた曲者で、聞き慣れない単語でしかも長い。「プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア・ドルチェ・ナトゥラーレ」なんて、シャトー4個分に匹敵するでしょう(+o+) 

そうこうしているうちにイタリアの第1回は終了。中6日でのお勉強が山積みだな。

小テストで、赤っ恥をかく

さて翌週のイタリア2回目。いつものように一夜漬けならぬ、ほぼその日漬けで冒頭の小テストに挑む。

「いやあ皆さん。今回のは難しいですよ。いつも難しいけど、今回は特に意地が悪い。大変だなあ~大変だなあ~」と配りながらセンセイは、どこなく楽しそう。もう慣れたことだと取り掛かって1枚目を成敗し、2枚目を見て仰天、慌てて閉じる。

あらためて、そお~っとめくってみるが、もちろん何も事態は変わらない。そこにはイタリアの白地図があり全州の境界線とそれぞれの州に番号が振ってあるだけ。そう選択肢なしで、州名を挙げよという何ともえげつない問題だ。

前回DOCGを習ったのは5州だけ。せめてそこだけにしませんか、学長(涙)

さて答え合わせ。ランダムに当てられるのだが、やはり視線を逸らしているのが分かってしまうのであろう。
「Tさん。⑪から⑮まで、いってみましょうか?」
「センセイ。私の解答用紙は⑩から⑱まですべて『マルケ州』でございます。ニッコリ」

少し聞き覚えがあった州を書き続けるしか手はなかったのだ。
何という屈辱(>_<)
でも、この答え方が教室でヤヤウケしたことへの満足も同時に感じていたのは、体に流れる関西人の血のせいなのか。こんな時でさえ「笑ってもらってナンボ」なのである。

勉強場所の確保も大事

さて、ノートの整理など日頃のお勉強はもちろん自宅でやるとしても、悩ましいのがギュギュギュ~と頭に詰め込む「その日漬け」の場所。

「自宅兼仕事場だから、家でやればいいじゃん」と誰もが思うだろうが、なかなかこれは効率的ではない。まず自宅は誘惑が多い。ついテレビを観てしまったり、意味もなく雑誌をめくったり、ネットサーフィンなんかも始めてしまう……。

さらに仕事場ということで、メールなどで細切れに業務連絡が入ったりするし、目をつぶって明日にやろうと決めた案件にふと手を付けてしまうことも。高度な集中力が必要とされる際に、こんな不向きな場所はないのだ。

したがって小テスト前の時間は、スクール近くのカフェや喫茶店で過ごすことがほとんど。受験生のころの図書館的役割ですな。もちろんテレビや雑誌が置いてあるところはNGで、教材と向き合うしかない環境に身を委ねる。

いくつかのお店をその日の気分で回っているが、最近はどこに行っても誰かしら同級生とお会いすることが多い。みなさんやっぱり考えることは同じなのね(^.^)

追記
試験に向けて心配事が急浮上した。四半世紀横浜市民を続けているうちに、関西人のくせにすっかりベイスターズファンの私。なぜか万年弱小球団が今年は絶好調で、あわよくば的な雰囲気になりつつある。試験勉強のピークとペナントレースの盛り上がりが重なりそうで、怖いなあ~。

プロフィール
フリーライターT(♂)
旅、食、酒、猫をこよなく愛すフリージャーナリスト。昨年の春に生誕半世紀を迎えている。近年仕事でワインに触れる機会が多いため、正しい知識を身に付けたいと「ワインエキスパート」を目指すことを決意した


★短期集中型の方にお勧めの「ワイン呼称資格認定試験 短期集中講座」スタートしました♪格安の受講料。『ワイン王国』87号を持参すると、事務手数料が無料になります!「シャルパンテ・カレッジ」
http://charpente.jp/college/

★20年超の歴史をもつワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」
http://www.adv.gr.jp/

★現役ソムリエの講師が多数在籍「自由が丘ワインスクール」
http://www.jws.bz/

★校舎は渋谷と新宿の2カ所「レコール・デュ・ヴァン」
http://www.duvin.jp/

★世界標準の認定資格WSETの認定講座なら「Jプレゼンスアカデミー」
http://jaca.caplan.jp/wine/

授業はいよいよ後半戦に突入。目の前にそびえる「イタリアDOCGの山」を必死に登っているライターTさん、がんばれ~(・ω・´)尸。DOCGは毎年増えています……編集部でも、たまに「オレが受験した時はニジュウスウコだったのにな~」と囁きが聞こえますよ……。私が去年受験した時はTさんと同じ73ですが、この先もっと増えるのではないでしょうか。受験するのなら今のうちです!「目指せ合格! ワインエキスパートへの道」vol.9は、6月19日(金)更新の予定です。
お楽しみに!

フリーライターT
この記事を書いたのは
フリーライターT
です。
  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連