おうちワインのツボ 第1回「ギョウザ」

 2017.6.26

 今回取り上げるのはギョウザ。中国料理店を経営する寺田規行氏と、ご子息で老舗フランス料理レストランのソムリエである泰行氏に、ギョウザとワインの相性についてうかがいました。

「ギョウザといえばビールというイメージですが、中国料理は海外の文化も取り入れているので、ワインとは相性がよいのです」と語る規行氏。泰行氏も「皮の中に野菜、肉、香味野菜などさまざまな要素がつまって旨味が凝縮されたギョウザは、同じく熟成期間を経て旨味が凝縮したワインとは相性はぴったりです」と語ります。


「家庭でギョウザを楽しむには、ワインに合わせて調味料を変えたり、具材をアレンジするといいね」と話す規行氏。これに「ギョウザにつける定番調味料の酢醤油には、醤油と相性のよいロゼワインやロゼスパークリングがベスト。これをユズコショウに変えると、さわやかな白ワインに寄り添うようになります」と泰行氏は続けます。

このほかにも8種類の調味料との相性や、シイタケ、キムチなど、定番ギョウザに加えるだけでワインとの相性がよくなる具材との合わせ技についても語っていただきました。

詳細は、ただいま発売中の『ワイン王国』99号にて!

『ワイン王国』認定☆餃子ワイン!

①『サンライズ スパークリング NV』(コンチャ・イ・トロ)
http://www.kirin.co.jp/products/wine/cyt/wines/sunrise/

《外観》
澄んだ、輝きのある淡いグリーンがかったイエロー。泡立ちもしっかりありフレッシュで若々しい印象。

《香り》
シトラスフルーツのフレーバーが主体で、レモンやグレープフルーツのさわやかなニュアンスが特徴。パンドゥミのようなイーストの香りや白い花のようなフローラルさも感じる。グラスを回すとミネラルの発展も見られる。

《味わい》
フレッシュな果実感にすっきりさわやかな酸が特徴的。後味にグレープフルーツの皮のような苦味が余韻を伸ばしてくれる。

《総評》
ミネラル豊かでさわやかなスパークリングワイン

Ⅰ調味料編
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑥食べるラー油、⑧塩レモン

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、②チーズ、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
②海老蒸し餃子(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

②『ミッシェル・トリノ スパークリング ロゼ NV』(ボデガ・エル・エステコ)
http://www.smilecorp.co.jp/wine/detail.php?wineId=568

《外観》
澄んだ、輝きのあるぺタル・ドゥ・ロゼのような紫のバラの花びらをイメージさせるような美しいロゼ。輝きもありアメジストのようにきらめいている。泡立ちもきめ細やか。

《香り》
フレッシュイチゴ、トースト香、丁子、バラの香り。ピノ・ノワールとマルベックのエレガントさと力強さを兼ね備えた、複雑なスパークリングワイン。

《味わい》
アルゼンチンの標高の高さを思わせる酸のエレガントさとマルベック由来の果実味があり、ポテンシャルが高い。コスパが良いスパークリング。ほんのりあるタンニンも心地いい。

《総評》
アルゼンチンの銘壌地「カルチャキ・ヴァレー」から生まれる、バランスの取れたスパークリングロゼワイン。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑥食べるラー油、⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、③シイタケ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
②海老蒸し餃子(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

③『バルディビエソ ブリュット・ロゼ NV』(ビーニャ・バルディビエソ)
http://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=643193

《外観》
澄んだ、輝きのあるやや濃いめのサーモンピンク。濃縮感を感じ泡立ちもしっかりある。

《香り》
イチゴやブルーベリーを甘くジャムに仕立てた果実のフレーバーが主体。キャンデーや牡丹のような赤い花のニュアンスも感じる。香りからも濃縮感を感じ、成熟度の高いブドウから造られたワイン。

《味わい》
果実感が豊かで程よい甘さも感じる。シャルドネ由来の酸もしっかり感じ、後味は大変心地よい印象。

《総評》
濃縮感のしっかりしたロゼスパークリングワイン。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、⑥食べるラー油
⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
②チーズ、③シイタケ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
③春巻き(揚げ)

④『サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング ロゼ NV』(サンタ・ヘレナ)
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/alpaca/

《外観》
澄んだ、輝きのあるやや淡いコーラルピンク。泡もきめ細やかでとてもキレイな印象。

《香り》
ピンクグレープフルーツ、イチゴジャム、さわやかなハーブ、リコリス、ミネラル、ローズヒップティー。カベルネ・ソーヴィニヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンドロゼなので、さわやかさと果実味の両方を兼ね備えた素晴らしいワイン。

《味わい》
果実と酸のバランスがとても良く、ミネラル感もあり全体を通して飲み心地がいい。

《総評》
エチケットのピンクのアルパカがとても可愛く、チャーミングなロゼスパークリングワイン。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、➄ゆず胡椒
⑧塩レモン

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、②チーズ、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
②海老蒸し餃子(蒸し)
④水餃子(茹で)

➄『ロゼ・スプマンテ“スカリエッティ・ボトル”NV』(ドネリ)
http://apl.montebussan.co.jp/mbh/mainservlet/wineDetail?P_SHN_CD=008018

《外観》
澄んだ、輝きのあるやや濃いめのサーモンピンク。オレンジのニュアンスもある。泡もきめ細やかで透明感が美しい。

《香り》
フレッシュのイチゴ、ブルーベリー淡いロゼよりしっかりとした果実味主体。ドライトマト、フォカッチャ、スパイス丁子、紅茶のニュアンスもあり。複雑さがある。

《味わい》
果実の味わいがしっかりしていて、穏やかな酸が心地いい。タンニンも若干感じられ溶け込んでいる。

《総評》
ランブルスコ(赤の発泡性ワイン)が得意なドネリが造る、高品質ばロゼスパークリングワイン。F1「フェラーリ」のデザイナー監修のボトルもスタイリッシュでかっこよく目を引く。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、⑥食べるラー油
⑦オリーブオイルとバルサミコ酢、⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
②チーズ、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
②海老蒸し餃子(蒸し)
③春巻き(揚げ)

⑥『サンダラ スパークリング ロサード NV』(ヴィンセンテ・ガンティア)
http://www.k-foods-store.net/3.html

《外観》
澄んだ、輝きのある濃いめのピンク色。泡立ちもきめ細やかで柔らかい。

《香り》
ブルーベリー、カシスをジャムにしたようなニュアンス、良く熟したピーチ、テ・アラ・ペスカ、バラ。甘さを感じるチャーミングなタイプ。

《味わい》
果実のしっかりとした甘さを感じ、ほんのり甘さの残るタイプ。濃縮感がある。

《総評》
イチゴのような甘さが特徴な的なロゼスパークリング。ワインの苦手な人でも楽しめるようなチャーミングなロゼ。


Ⅰ調味料編 
②ポン酢、③コチュジャン、⑥食べるラー油
⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
④キムチ

Ⅲその他餃子編 
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

⑦『ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ“スカリエッティ・ボトル” NV』(ドネリ)
http://apl.montebussan.co.jp/mbh/mainservlet/wineDetail?P_SHN_CD=027105

《外観》
澄んだ、輝きのある紫の色調が強い濃いガーネット。泡立ちは柔らかい。

《香り》
濃縮したブルーベリー、カシスの黒系ベリーのフレーバー。トースト、黒コショウ、丁子、キャンデー。しっかりとした黒ブドウ由来の香りが特徴。

《味わい》
果実の味わいがしっかりしていて、穏やかな酸が心地いい。タンニンもしっかり感じられるが溶け込んでいて心地いい

《総評》
ランブルスコの名門ドネリ。肉に良く合う辛口の赤スパークリングワイン。F1「フェラーリ」のデザイナー監修のボトルもスタイリッシュでかっこよく目を引く。

Ⅰ調味料編 
②ポン酢、⑥食べるラー油
⑦オリーブオイルとバルサミコ酢⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、②チーズ、③シイタケ、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

⑧『ライマット クラモール ブランコ 2016年』(ライマット)
http://www.kokubu.co.jp/brand/wine/

《外観》
澄んだ輝きのある、やや濃いめのグリーンがかったレモンイエロー。若々しく成熟度の高さが見える。

《香り》
柑橘類のフレーバーが特徴でさわやかなレモン、グレープフルーツ、ハーブ、ヨード、ミネラル、ヴァニラ、はちみつの香り。シャルドネ、アルバリーニョ、ソーヴィニヨン・ブランの3品種の個性がそれぞれ出ており、複雑で楽しい印象。

《味わい》
果実のボリューム感はしっかりあるが、地中海の影響を受けミネラル感がしっかりあるので後味の印象が心地いい。

《総評》
ボリューム感とキリッとしたミネラル感が織りなす、素晴らしい白ワイン。夏のワインに海の食材、肉にぴったり。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑦オリーブオイルとバルサミコ酢
⑧塩レモン、⑨ジャム(オレンジ)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、②チーズ、
Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
②海老蒸し餃子(蒸し)

⑨『深雪花 ロゼ』 (岩の原葡萄園)
http://iwanohara.shop-pro.jp/?pid=30700340

《外観》
澄んだ、落ち着いた印象のやや濃いめのオレンジがかったロゼ。成熟度の高いブドウから出来た印象。

《香り》
イチゴジャムやべっ甲飴のような甘い艶やかなニュアンス。牡丹やイチゴキャンデーのような華やかさもある。アッサムのような紅茶のニュアンスも感じる。

《味わい》
ほんのり心地いい甘さも持つドライなロゼワイン。果実のボリューム、酸もしっかり残っているのでバランスがいい。

《総評》
我々日本人にとっても良く合う、ロゼワイン。どこかノスタルジックな感覚も心地よく、キレイに造られているロゼがエレガントな印象に変えている。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、②チーズ、③シイタケ
Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
②海老蒸し餃子(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

⑩『ライマット クラモール・ロゼ 2016年』(ライマット)
http://www.kokubu.co.jp/brand/wine/

《外観》
澄んだ、輝きのある、キレイなサーモンピンク。

《香り》
良く熟したイチゴやベリーのニュアンス。ヨーグルト、ハーブ、バラ、鉄分。カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロをブレンドしたロゼ。

《味わい》
果実のボリューム感はしっかりあるが、後味は非常にエレガント。良く冷やしても温度を上げてもとても面白いロゼ。

《総評》
黒ブドウ主体のロゼだが、それを全く感じさせないキレイなロゼワイン。いろいろな食事にバランス良く合わせられる。


Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)②ポン酢
➄ゆず胡椒、⑦オリーブオイルとバルサミコ酢、⑧塩レモン

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
②海老蒸し餃子(蒸し)
③春巻き(揚げ)

⑪『バユオー ロゼ ダンジュ レ クレールコント 2015年』(ドナシャン・バオユー)
http://cave-online.suntory-service.co.jp/shopdetail/000000002713

《外観》
澄んだ、輝きのあるとてもキレイなサーモンピンク。透明感もありキラキラしている。

《香り》
フレッシュな木イチゴ、さわやかなハーブ、石灰、ミネラルの印象がある。華やかでフレッシュ感のあるチャーミングな印象。

《味わい》
ほんのり甘さが残り果実感が豊か。酸もしっかり感じるので後味は大変心地いい印象。タンニンはあまり感じず、白ワインの要素が強いロゼ。

《総評》
華やかでチャーミングなフランスを代表するロゼワイン。ほのかな甘さが合わせる料理を引き立ててくれる。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、③コチュジャン
➄ゆず胡椒⑥食べるラー油、⑨ジャム(オレンジandベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、④キムチ

Ⅲその他餃子編 
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

⑫『フロンテラ シラーズ 2014年』(コンチャ・イ・トロ)
http://www.kirin.co.jp/products/wine/cyt/wines/frontera/

《外観》
澄んだ、輝きのあるふちにムラサキのニュアンスの強い濃いルビー色。

《香り》
黒系果実が主体でカシス、ブラックベリー、樽のニュアンス、ヴァニラ、ココナッツ、シナモン、黒コショウ、スミレ。力強く、スパイシーな良く開いている赤ワイン。

《味わい》
最初の印象は力強さがあるが果実のボリューム感をシラーズ由来の酸の高さがバランスを取っており、スムースに口中に広がる。タンニンも緻密で余韻を伸ばしてくれる。

《総評》
シラーズ由来のスパイシーさ華やかさも感じつつ、成熟度の高いしっかりとしたフルボディの赤ワイン。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑥食べるラー油、⑨ジャム(オレンジorベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
②チーズ、③シイタケ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

『柏原ヴィンヤード 遅摘み2016年』(朝日町ワイン)
http://asahimachi-wine.shop-pro.jp/?pid=115707526

《外観》
澄んだ、輝きのある、ふちにムラサキのニュアンスがある濃いルビー色。

《香り》
良く熟したブルーベリー、紅茶、キャンデー、丁子、バラ。芳醇でアロマ豊かな印象。遅摘みのため凝縮感があり、他のマスカットベーリーAと一線を画している。

《味わい》
果実のニュアンスもしっかり感じ、酸もとてもキレイ。凝縮感が生み出すコクや厚みは遅摘由来の生産者のこだわりが感じられる

《総評》
マスカット・ベーリーAのチャーミングな印象は残しつつも、濃縮感とスパイシーさ華やかさを合わせもつリッチなポテンシャルのある赤ワイン。

Ⅰ調味料編 
①酢醤油(餃子のたれ スタンダード)、②ポン酢、④椒塩(山椒とお塩)
➄ゆず胡椒、⑨ジャム(ベリー)

Ⅱ中の食材入れる餃子編 
①海苔、③シイタケ

Ⅲその他餃子編 
①小籠包(蒸し)
③春巻き(揚げ)
④水餃子(茹で)

ワイン王国編集部
この記事を書いたのは
ワイン王国編集部
です。
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • LINE

関連