日本ワイン「グランポレール」がブランドを再構築

 2018.7.30

発売15周年を迎える日本ワイン「グランポレール」。サッポロビール㈱はこのたび、「グランポレール」のさらなる価値向上のため、キーグラフィック、コピーを一新、ラベルを刷新すると発表した。

グランポレールの新コピーは「日本ワインの、美しい星になる。」。

新キービジュアルは、「グランポレール」の象徴であるロゴマークの星が、日本伝統の匠の技術を表す美しい和柄によって形取られ、日本ワインの美しい星を形成している。

ブランドカラーであるブラックとゴールドの色調の中、日本ワインの繊細さを表現したグラフィックに生まれ変わった。

キーグラフィック、コピーなどの一新とともに、ポートフォリオを再構築。

下記三つのシリーズとなり、より選びやすく、わかりやすくなった。

●シングルヴィンヤードシリーズ
畑の個性を表現した最高品質のブドウを使用し、造り手のこだわりを凝縮させた数量希少なワイン。

●プレミアムシリーズ
北海道・長野・山梨・岡山の四つの産地のウドウを使用し、日本のバラエティー豊かな産地の個性を表現したワイン。

●スタンダードシリーズ
「いつもの食卓にも、日本ワインを。」をモットーに、ブどうの個性を生かしながら、ベストバランスを追求したワイン。

新ラベルもキービジュアルと同様、「グランポレール」の象徴である星を今までより大きくあしらい、「日本ワインの、美しい星になる。」という強い決意を込めたものにした。

問い合わせ サッポロビール㈱ ■0120-207-800(お客様相談センタ-)

ワイン王国編集部
この記事を書いたのは
ワイン王国編集部
です。
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • LINE

関連