「日本ワインコンクール2018」受賞ワイン発表

今年は全国から787本がエントリー、うち 金賞22本、銀賞88本、銅賞189本、奨励賞29本の合計328本が受賞... 2018.7.31

日本ワインの品質と認知度の向上を目指して行う「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)」。第16回目となる「日本ワインコンクール2018」の結果が発表された。

今年は全国から787本がエントリー、うち 金賞22本、銀賞88本、銅賞189本、奨励賞29本の合計328本が受賞した。

実行委員会会長の奥田徹氏は総評として『日本ワインコンクールも今年で16回目となりました。ここ数年、エントリー本数が770を超えており、このコンクールがいかに日本ワイン業界に定着し、またワイナリーの皆さんが目指すところとなってきたと実感しています。今、国産ブドウ100パーセントで造る“日本ワイン”へ、消費者からの注目も高まっています。ワイナリーの皆さまには、今後も品種や風土の特徴を表現した、真摯なワイン造りを行っていただきたいと思います』と語った。

実行委員会審査委員長の後藤奈美さんは、各部門についてコメント。
「スパークリング部門の部門賞に輝いたワインは柔らかくフルーティー。甲州らしさを感じる。甲州部門は、全体的に味わいと香味のバランスがよいものが多かった。甲州という品種は、山梨が産地の中心ではあるが、今回山形や埼玉などからも受賞しており、産地の広がりを感じている。欧州白は、約6割がシャルドネだった。ゲヴュルツトラミネールの金は今回が初めてではないだろうか。全体的に樽と果実味のバランスが素晴らしく、樽使いの技術向上が感じられた。ソーヴィニヨン・ブランは品種の特徴がよく出ていると思う。ロゼは、全体的にマスカット・ベーリーAを使ったものが多かった。今回部門賞を受賞したワインは、ドライタイプだが、マスカット・ベーリーAらしいフルーティーさが香りや味わいからしっかり感じる。今後は、このようなタイプが増えていくだろう。国内改良等品種の赤は、樽を使ったもの、未使用のもの、それぞれよいものがあった。また、2016年ヴィンテージが多かった。難しい年ではあったが、ブレンドにより品質が向上しているワインが多く、クリエイティブなブレンドのものが目立った。部門最高賞に輝いたワインは、樽を使わずここまでしっかりと骨格を感じる味わいに驚いた。バランスよい仕上がりだ。欧州赤は、シラーやピノ・ノワール、カベルネ・フランなどで、とても品種の特徴が出ていてよかった。品質が確実に向上しており、気候や土壌にあった造りができてきている。部門最高賞のワインは全体的に香味のバランスが取れており、熟成のポテンシャルも高く、今後さらに向上するだろうと期待させる」

【主な受賞ワイン】金賞・部門最高賞・コストパフォーマンス賞
★は部門最高賞(各部門で最高点のもの)
☆はコストパフォーマンス賞(銀賞以上を受賞した2000円未満のものの中で、最高点のもの)


≪欧州系品種 赤≫
★金『シャトー・メルシャン 椀子オムニス 2015年』(シャトー・メルシャン)
●金『シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2014年』(シャトー・メルシャン)
●金『ソラリス 信州千曲川産 メルロー 2015年』(マンズワイン 小諸ワイナリー)
●金『シャトー・メルシャン 城の平 2013年』(シャトー・メルシャン)
●金『ソラリス 信州東山メルロー 2015年』(マンズワイン 小諸ワイナリー)
☆銀『グランポレール北海道ツヴァイゲルトレーベ』(サッポロビール 岡山ワイナリー)

≪欧州系品種 白≫
★金『安心院ワイン シャルドネ リザーブ 2016年』(三和酒類 安心院葡萄工房)
●金『シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ 2016年』(シャトー・メルシャン)
●金『ソラリス 信州シャルドネ樽仕込 2017年』(マンズワイン 小諸ワイナリー)
●金『TOMOEシャルドネ新月』(広島三次ワイナリー)
●金『サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2017年』(サントリーワインインターナショナル)
●金『おたるゲヴュルツトラミネール 2017年』(北海道ワイン)
☆銀『NAC ピノ・ブラン 2017年』(井筒ワイン)

≪国内改良等品種 赤≫
★☆金『柏原ヴィンヤード 遅摘み 赤 2017年』(朝日町ワイン)
●金『シャトー・メルシャン 穂坂マスカット・ベーリーA 2014年』(シャトー・メルシャン)
●金『山梨のベーリーA 樽熟成』(蒼龍葡萄酒)
●金『クオネスヤマソーヴィニヨン』(能登ワイン)

≪甲州≫
★金『グランポレール山梨甲州樽醗酵 2017年』(サッポロビール グランポレール勝沼ワイナリー)
●金『源作印 甲州 シュール・リー 2017年』(秩父ワイン)
●金『ドメーヌ シャトレーゼ甲州 2017年』(シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー)
☆金『グレイス グリド甲州 2017年』(中央葡萄酒 グレイスワイン)
☆金『豊穣神話 甲州』(月山ワイン山ぶどう研究所)

≪北米系等品種 白≫
★☆銀『塩尻ナイアガラ 2017年』(林農園)
☆銀『綾ワイン デラウェア』(雲海酒造 綾ワイナリー)

≪欧州・国内改良品種等ブレンド 白≫
★☆銀『グランポレール エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ 泉―SEN―』(サッポロビール 岡山ワイナリー)

≪極甘口≫
★銀『氷果の雫 ナイアガラ 2017年』(林農園)

≪ロゼ≫
★☆金『㈲朝日町ワインロゼ』(朝日町ワイン)

≪スパークリング≫
★金『フジクレール 甲州スパークリング 2017年』(フジッコワイナリー)
☆銀『スパークリング マスカット・ベーリーAロゼ』(朝日町ワイン)

※国内改良等品種 白、北米系等品種 赤、欧州・国内改良品種等ブレンド 赤は、該当なし

ワイン王国編集部
この記事を書いたのは
ワイン王国編集部
です。
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • LINE

関連