大相撲2020年初場所はちゃんこ鍋とワインで熱烈応援!

 ちゃんこ鍋といえば、言わずと知れた相撲部屋の代表料理、お相撲さんの元気の源!本来は、相撲部屋で力士が作ったり食べたりする料理はすべて「ちゃんこ」だ。

 ちゃんこ鍋の基本は味噌味か塩味の2種類。肉は「2本足でしっかり立つ」ことから縁起ものとして鶏肉が最も多く使われてきた。ほか野菜やきのこ、豆腐、肉や魚がバランスよく入り、火をしっかり通しているので消化も良いから体もぽっかぽかに。具材もたくさん入るから、ワインとの相性は無限!

 今回、ちゃんこ鍋とワインの相性に注目したのは、ソムリエ兼ワインディレクターの田邉公一氏。

 東京・神谷町にある、九重部屋秘伝のちゃんこ鍋を提供する日本料理店「心・体・技 うるふ」の協力を得て「秘伝九重部屋 虎ふぐの塩寄せ鍋」「虎ふぐ薬膳白湯鍋」「韓国風辛味鍋」の3種のちゃんこ鍋を用意。早速、いろんなワインを合わせてみよう!

画像: 日本料理店「心・体・技 うるふ」 東京・神谷町にある九重部屋秘伝のちゃんこ鍋を提供 住所:東京都港区虎ノ門3-21-5 愛宕グリーンヒルズプラザ 2F TEL:03-5733-3771 https://wolf.jpn.com/

日本料理店「心・体・技 うるふ」
東京・神谷町にある九重部屋秘伝のちゃんこ鍋を提供


住所:東京都港区虎ノ門3-21-5
愛宕グリーンヒルズプラザ 2F
TEL:03-5733-3771
https://wolf.jpn.com/

寄せ鍋風塩味の鍋は、ワインとの相性が万能

 まずは王道、「秘伝九重部屋 虎ふぐの塩寄せ鍋」。鶏ガラだし+塩だけのシンプルスープ。ここに鶏肉、豚肉、鶏団子、エビ、キノコ、水菜、ネギ、ゴボウ、大根、ニンジンと、山海の恵みをギュ~ッと盛り込んで煮込む。

画像: 秘伝九重部屋 虎ふぐの塩寄せ鍋

秘伝九重部屋 虎ふぐの塩寄せ鍋

<田邉> いい香りですね~。まずスープから。イイだしが出てます! ハフハフ。肉団子、豚バラ、エビ……野菜もたっぷりですね。このちゃんこ、ワインとの相性万能です。シンプルな鶏ガラに具だくさん。「具材が味を作る」タイプな ので、具とワインの共通点を探すと、ワインが合わせやすいですよ。

 『シャンパーニュ・シャトー・ド・ブリニ・グランド・レゼルヴ・ブリュット NV』は、土壌 由来のミネラル感や土っぽいニュアンスがあるので、肉はもちろん、魚介や根菜とはよく合いますし、う~ん、旨味たっぷりのスープともイイです!

画像: シャンパーニュ・シャトー・ド・ブリニ・グランド・レゼルヴ・ブリュット NV 産地:フランス 品種:ピノ・ノワール50%、シャルドネ50% 希望小売価格:6000円(税別) 問い合わせ先:㈱スマイル

シャンパーニュ・シャトー・ド・ブリニ・グランド・レゼルヴ・ブリュット NV
産地:フランス
品種:ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%
希望小売価格:6000円(税別)
問い合わせ先:㈱スマイル

『カルメネール・カベルネ 2016年』は、野菜やドライハーブのニュアンスを持つので、
野菜はもちろん、鶏団子にもぴったり。カルメネールはタンニンがやさしいから、白身肉や
地味深い鶏スープによく合いますね。

画像: カルメネール・カベルネ 2016年 産地:チリ/DOコルチャグア・ヴァレー 品種:カルメネール85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15% 希望小売価格:1500円(税別) 問い合わせ先:国分グループ本社㈱

カルメネール・カベルネ 2016年
産地:チリ/DOコルチャグア・ヴァレー
品種:カルメネール85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%
希望小売価格:1500円(税別)
問い合わせ先:国分グループ本社㈱

 『グランポレール 長野シャルドネ 2018年』も、いいですね。穏やかで飲みやすいワインなので、ちょっとスープが煮詰まってきたころも美味しい。

画像: グランポレール 長野シャルドネ 2018年 産地:日本/長野県 品種:シャルドネ100% 希望小売価格:2300円(税別) 問い合わせ先:サッポロビール㈱

グランポレール 長野シャルドネ 2018年

産地:日本/長野県
品種:シャルドネ100%
希望小売価格:2300円(税別)
問い合わせ先:サッポロビール㈱

 また『プロセッコNV』のフレッシュな味わいはエビや葉野菜と合い、果実の甘やかさはだしの旨味とぴったり。
 冷蔵庫でしっかり冷やして、鍋が煮えるまでの間にアペリティフとして楽しんでもいいなあ。

画像: プロセッコ NV 産地:イタリア/ヴェネト州 品種:グレーラ100% 希望小売価格:1400円(税別) 問い合わせ先:㈱フードライナー

プロセッコ NV

産地:イタリア/ヴェネト州
品種:グレーラ100%
希望小売価格:1400円(税別)
問い合わせ先:㈱フードライナー

 心地いい酸味とアフターのほろ苦さが魅力の『キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ 2018年』はミネラル感があって魚介とよく合いますし、タンニン分が鶏肉に同調。
ジューシーな鶏団子とともに口に含むと、だしと肉の旨味が、口の中にじわじわと広がります。

画像: キュヴェ・マリー・クリスティーヌ  プロヴァンス ロゼ  2018年 産地:フランス/プロヴァンス 品種:サンソー41%、グルナッシュ34%、シラー25% 問い合わせ先:㈱モトックス

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ 2018年

産地:フランス/プロヴァンス
品種:サンソー41%、グルナッシュ34%、シラー25%
問い合わせ先:㈱モトックス

 寄せ鍋風のちゃんこ鍋は、家庭では最も作りやすく、好みでアレンジしやすい鍋ですよね。
具材に合わせてワインを選んだり、このワインを飲みたいからこの具材をチョイスしたり、
いろいろ楽しめますね!

次回は、濃厚な白湯スープのちゃんこ鍋に挑戦! 薬膳風の鍋でパワーアップ!

画像: 田邉公一 Koichi TANABE レストラン「L’AS」のシェフソムリエなどを経て、ワインディレクターとして都内のレストランのワインディレクションに携わる。 ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」講師

田邉公一
Koichi TANABE
レストラン「L’AS」のシェフソムリエなどを経て、ワインディレクターとして都内のレストランのワインディレクションに携わる。
ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」講師

This article is a sponsored article by
''.